トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 痛みの少ない治療 » なぜ弱い力で歯が早く動くのか

なぜ弱い力で歯が早く動くのか

矯正治療を行うにはしっかりとした経験が必要で、エビデンスに基づいて治療計画を立てなければなりません。

なぜ弱い力で歯が早く動くのか歯を動かすためにある一定方向に力をかけるわけですが、その際に「破骨細胞」という歯の周りの骨を溶かす細胞と、「骨芽細胞」という新しく骨を作り出す細胞が活躍します。そのような代謝のためには「血液の流れ」が必要です。強いプレッシャー(押す力)を歯に与えると、周りの毛細血管が潰れてしまい、血流が阻害されてしまいます。そのため「破骨細胞」が適切な量生成されずに、歯が動くのが遅くなってしまうわけです。

歯の移動に適した「最適矯正力」というものがあり、常に適切な力をかけ続けることで体にとって一番効率のよい、負担の少ない治療を行うことができます。そのためには正しい知識を持った上で、ロジックに基づいた治療計画を立てる技術が必要なのです。


トップへ » 当院が選ばれる4つの理由 » 痛みの少ない治療 » なぜ弱い力で歯が早く動くのか


コールバック予約