トップへ » 院長紹介・経歴 » CTを使った精密な診断 » CT検査の必要性

CT検査の必要性

CT検査の必要性歯が抜けたときに行うインプラント治療をご存知でしょうか?インプラント治療ではCTを用いた診断が不可欠となっています。2次元のレントゲン写真では見えないことが、CTの3次元データによって詳しくわかるようになったためです。

ほかにも、根尖病巣という歯根の病気の治療にも活用されています。

矯正治療は骨の中で歯の根っこを動かす治療です。CTを用いたほうが、より多くのことがわかります。見えすぎて診断が難しくなることもありますが、知らずに治療することのほうがこわいですよね。

あごの骨や歯根の形、血管・神経の位置、歯周病や根尖病巣の状態、過剰歯・埋伏歯の有無などを詳しくしらべて、診断に役立てています。


トップへ » 院長紹介・経歴 » CTを使った精密な診断 » CT検査の必要性


コールバック予約