2010年4月26日 « トップへ » 2010年4月28日

2010年4月27日

最終的に美しい歯並びに仕上げるための取り組み

「矯正中は虫歯になりやすい」そんな声を聞いたことはありませんか?実際、矯正中は歯磨きがしにくいことから、虫歯にかかってしまう方がいらっしゃいます。
虫歯を予防。治療が長引かないように

矯正治療をスタートされる方は、やはり見た目を気にされている方がほとんどです。歯並びさえキレイならば見た目もキレイになるかと思いますが、どんなに整った歯並びでも虫歯だらけの歯だったとしたらどうでしょう?せっかく見た目を気にしているのなら、最終的な仕上がりの美しさまで気にして治療をする必要がある、と当院は考えています。

矯正治療をしている最中にもしも虫歯ができてしまったら?虫歯の進行状況によっては矯正歯科治療を中断することも当然ありますし、場合によっては歯につけている矯正装置をすべて外さなくてはなりません。

その場合は虫歯治療が終わるまで矯正治療を再開できませんし、さらに新しい装置を装着する際に費用もかかってしまいます。治療途中で虫歯になってしまうことは、患者様にとってはデメリットにしかなりません。

高津矯正歯科では、装置の調整に来院されたときに必ず装置のワイヤーも外し、しっかりと時間をかけてお口の中のクリーニングを行います。治療期間中も快適に過ごしていただくため、以下の取り組みを行っております。

<矯正中の虫歯を防ぐための取り組み>
エアフローによるバイオフィルム除去
患者様一人ひとりのお口の状況を把握~唾液検査(カリエスリスク検査)
虫歯の原因菌を除去~3DS
お口の中がサッパリ。プロによる歯のお掃除~PMTC

エアフローによるバイオフィルム除去

airflow_main_img.jpgエアフロー
当院で使用しているのエアフローマスターは、アミノ酸の一種であるグリシンパウダーをウォータースプレーで吹き付けることにより、歯周組織を傷つけることなくバイオフィルムを除去する装置です。通常の歯科医院で行うと保険適応ではないため高額な自費治療となってしまいますが、当院では普段の診察料の範囲で無料にてエアフローを行っています。

矯正治療中、手作業のクリーニングではバイオフィルムを完全に除去することが難しいのですが、エアフローの場合は歯の表面はもちろん、ブラケット周囲、歯肉の下3mmにも薬剤と水と空気が入り込み、バイオフィルムをキレイに吹き飛ばしてくれます。バイオフィルムは一度除去しても2~3ヶ月程度で再度熟成してしまいますので、定期的に除去することが虫歯予防にとって大切です。

glycine65.jpgglycine25.jpg
グリシンパウダーの特徴は、柔らかく歯茎にあたっても痛みをまったく感じないうえ、甘みがあります。
nahco3.jpg
また、レモン味の炭酸水素ナトリウム(重曹)パウダーを使用するとタバコのヤニやコーヒーの汚れ等、ステインも除去できますので見た目もキレイになります。

患者様一人ひとりのお口の正確に把握~唾液検査(カリエスリスク検査)

唾液検査(カリエスリスク検査)専用の薬剤を使ってお口の細菌数、唾液の量、緩衝能(中和力)を調べます。虫歯の原因となる要素を総合的に検証することにより、患者様一人ひとりの虫歯の原因やリスク(危険性)がわかります。

当院では、虫歯のチェックシートを活用し、患者様にも分かりやすく表示して説明をします。これらの検査結果に基づき、適切な予防プログラムを作成しています。

お口の中がサッパリ。プロによる歯のお掃除~PMTC

プロによる歯のお掃除~PMTC歯科医師、歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング専用の器機を用いて、専門的にお口の中の清掃を行うのがPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

プラーク(歯垢)や歯石が成長すると、バイオフィルムと呼ばれる歯磨きでは取れない汚れになります。PMTCはこれらの汚れを除去し、歯の白さや健康な歯肉を取りもどします。虫歯、歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。当院ではPMTCを行うことで、虫歯の発生を予防しております。


2010年4月26日 « トップへ » 2010年4月28日


コールバック予約