2010年4月27日 « トップへ » 2010年7月23日

2010年4月28日

スタッフを募集します

ぜひこの機会に、最先端の矯正歯科治療の現場で働いてみませんか? 決して難しいことではありません。他院での経験や、現在の能力を正当に評価いたします。週2、3日からOKです。勤務時間をご相談ください。
スタッフを募集します

→応募・お問合せ方法/お電話又はE-mailにて、ご連絡ください。

<募集職種>
歯科衛生士/歯科助手・受付
<雇用形態>
社員・パート・アルバイト
<募集人数>
2~3人
<必要経験>
経験不問
<試用期間>
3か月
<勤務時間>
火~木 : 10:30~20:30
土・日 : 9:00~18:30
<給与>
歯科衛生士 経験により考慮/
歯科助手 経験により考慮
<休日>
月、金、祝日
<待遇>
交通費支給、雇用・労災保険、制服貸与備考

<地図>
〒158-0094東京都世田谷区玉川3-15-6フェリス玉川1F
TEL:03-3709-9967
E-mail:info@takatsu-kyousei.com


大きな地図で見る・地図を印刷する

ブラケットを付け直すときに追加料金はかかりますか?

ブラケットを付け直すときに追加料金はかかりますか?ブラケットは、取り外しの際に変形したり破損したりします。結婚式後には新しいブラケットを装着する必要があるため、別途費用をいただいております。

ブラケットを付け直すときに追加料金はかかりますか?

矯正と一緒にホワイトニングもしてもらえるんですか?

矯正と一緒にホワイトニングもしてもらえるんですか?ブラケットを装着したままではホワイトニングはできませんので、適切な時期にブラケットを外して施術します。

できる限り白くしたい場合は、結婚式の2週間ほど前に装置を外してオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用します。

結婚式が終わってから、すぐに医院に行かなければいけませんか?

結婚式が終わってから、すぐに医院に行かなければいけませんか?ブラケットの代わりになるマウスピースを使用していれば、1ヶ月程度は後戻りの心配はありません。結婚式から1ヶ月を目安にして医院に行くようにしてください。

虫歯があるのですが、ブライダル矯正は可能ですか?

虫歯があるのですが、ブライダル矯正は可能ですか?ブライダル矯正と同時進行で虫歯の治療も行います。できるだけ早めに歯科医院に相談してください。

ブライダル矯正は、結婚式のどれくらい前から始めれば良いの?

結婚式のどれくらい前から始めれば良いの?早ければ早いほど、矯正の効果は大きくなります。結婚式の半年前から治療を開始できれば当日には充分な結果を得られるでしょう。時間がない場合でも、最低3か月間は矯正期間が必要です。

結婚式を素敵な笑顔で迎えたい方へ~ブライダル矯正

結婚式を素敵な笑顔で迎えたい方へ「結婚式の日までに歯並びをきれいにしたいけど、もうあまり時間がない!」という方はいませんか?当院の矯正メニュー「ブライダル矯正」では、たとえ3か月前からでも結婚式の日に合わせて目立つ箇所の矯正を行うことができます。

まずブライダル矯正では矯正装置を使用し、前歯など気になる部分を最優先に治療します。その後、結婚式当日は一時的に矯正装置を外し、素敵な口もとで式に望みます。結婚式の日までに残ってしまった歯のすき間には、目立たないように仮歯を着けますので、抜歯をした方も安心です。

その後、披露宴や新婚旅行といった行事が一段落してから再び矯正装置を装着して、継続して治療をしていきます。

歯を削らず、健康的に白い歯を手に入れる

「せっかく歯並びをきれいにしたのだから、歯の色も白くしたい!」と思っている方もきっといるはず。そんな声にお答えして、当院ではホワイトニングプログラムを開始しました。
IMG_1959 2.JPGのサムネール画像
ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、歯の中にある色素を分解して歯の色を明るく(白く)する技術をいいます。

「生まれつき黄ばみが強い」、「高齢化による変色」、「抗生物質の副作用でおきた変色」、といった類の歯質内部の色素を分化し、さらに歯の表面に付着した頑固なステインまでもマイルドに分解します。もっともっと美しい口もとになるために、ぜひホワイトニングも一緒に受けてみるのはいかが?

なるべく抜歯しない矯正

「矯正歯科治療は抜歯が必要」そんな話を聞いたことがありませんか?いくら綺麗な歯並びのためとはいえ、健康な歯を抜くのは誰でも抵抗がありますよね。
なるべく抜歯しない矯正

そこで当院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。歯を抜かなくても歯並びを改善できる患者様に対しては、あえて抜歯矯正をお勧めすることはありません。綿密な治療計画を立て、技術を駆使し、健康な歯を残したまま矯正治療を進めていきます。実際、当院で治療を受けられる約半数の患者様が、抜歯なしで矯正歯科治療を成功させています。

とはいえ、患者様の症状によっては、小臼歯などの抜歯が必要な場合もあります。また抜歯したほうが、治療期間が短縮できたり、治療後の後戻りの心配が減ったりするケースがあるのも、事実です。残念ながら、100%歯は抜かないとは言い切れません。当院では症状をシッカリ把握し、患者様が納得できる治療をご提案できるように心がけています。

他人に気付かれない装置

歯並びを綺麗にしたいけど装置が目立つのがイヤだ、と矯正を敬遠している方は多いのではないでしょうか。そこでオススメなのが、歯の裏側に装置を付けて歯並びを綺麗にする、舌側(ぜっそく)矯正・裏側矯正や、透明なマウスピース型矯正装置です。

>>見えない装置ついて詳しく知る


2010年4月27日 « トップへ » 2010年7月23日


コールバック予約