2010年7月23日 « トップへ » 2015年4月24日

2014年12月25日

効率のよい治療計画が、痛みの少ない短期間での治療の近道

矯正治療においてよく勘違いされがちなこととして「強い力で歯を押せば早く動く」また「弱い力だと痛みが少ない代わりに治療に時間がかかる」と思われる方がしばしばいらっしゃいます。
痛みの少ない治療

実際の矯正治療において「少ない痛みで短期間」の治療を達成することは、いかに体に負担をかけずに効率よく歯を動かすかによって決まります。

<効率のよい治療のためのポイント>
・エビデンスを基に、細かく弱い力で歯を動かすこと
・それを実現するために治療計画を正確に立て、正しいステップで治療を行うこと

なぜ弱い力で歯が早く動くのか

矯正治療を行うにはしっかりとした経験が必要で、エビデンスに基づいて治療計画を立てなければなりません。

なぜ弱い力で歯が早く動くのか歯を動かすためにある一定方向に力をかけるわけですが、その際に「破骨細胞」という歯の周りの骨を溶かす細胞と、「骨芽細胞」という新しく骨を作り出す細胞が活躍します。そのような代謝のためには「血液の流れ」が必要です。強いプレッシャー(押す力)を歯に与えると、周りの毛細血管が潰れてしまい、血流が阻害されてしまいます。そのため「破骨細胞」が適切な量生成されずに、歯が動くのが遅くなってしまうわけです。

歯の移動に適した「最適矯正力」というものがあり、常に適切な力をかけ続けることで体にとって一番効率のよい、負担の少ない治療を行うことができます。そのためには正しい知識を持った上で、ロジックに基づいた治療計画を立てる技術が必要なのです。

治療計画はできるだけ細かく正確に

治療計画はできるだけ細かく正確に適切な治療計画を立てるために、矯正治療においては特に正確な診断を行うことが大事です。顎や歯の大きさ、形は一人ひとり個性があります。現状の患者様のお口の中の状態をよく調べ、その方に最適な治療計画を立てていく必要があるのです。

診断に基づき治療の進行方法をプランニングし、少しずつゴールに向かって調整していきます。

このときに、決して焦らず、できるだけ細かい段階を踏んで歯に力をかけ、歯列全体を動かしていくことが重要です。治療ステップが細かく正確であるほど、痛みなくスムーズに歯を動かせるのです。


2010年7月23日 « トップへ » 2015年4月24日


コールバック予約